2014年10月8日水曜日

OpenBlocks IoT BX1 開発者向け情報など

OpenBlocks IoTファミリ BX1を発表しました。

M2M・IoTシステムの構築に最適な極小サイズのマイクロサーバー「OpenBlocks® IoTファミリ BX1」を発表

OpenBlocksシリーズは、従来より複数のLANポートを持ち小型堅牢かつ汎用のLinux環境を提供するマイクロサーバとして、ネットワークの監視管理、ゲートウェイなど、様々なシーンで利用していただいていましたが、今回のBX1シリーズにおいては、Wifi/3G/BlueTooth(BLE対応)を標準サポートした、無線通信に重点を置いた製品となっています。

発表ではスケルトンカバーに入った製品としてお見せしていますが、まずは内部写真をここに公開します。


カバーは試作品のため、スケルトン仕様となっていますが、製品ではホワイトとなる予定です。


外部コネクタ。上部がオプション有線接続用端子となり、ケーブルを交換することにより、USB(有線LAN含む)、シリアル(RS-232C/RS-485)、GPIO(最大19ポート)に対応します。
下部がSIMスロットです。


標準でUSBケーブルが添付します。本ケーブルはUSB側からの給電と、シリアル通信をサポートしており、PCに接続する場合は、 USBシリアル経由のコンソールとして見えます。


本体基板の裏側です。


本体基板の上部写真です。

本体の仕様は以下の通り。

CPU モデル インテル® Atom™ プロセッサー 500MHz (デュアルコア)
動作速度 500MHz (デュアルコア)
メインメモリ オンボード 1GB (LPDDR3)
FLASH ROM 4GB (eMMC)
内部インターフェイス 3G(W-CDMA)※1
Bluetooth 4.0
Wi-Fi (IEEE802.11a/b/g/n)
外部インターフェイス USB 2.0(Type-A)ケーブル
GPIO (最大19ポート) オプションケーブルにて対応
シリアル 1ポート RS-232C/RS-485
寸法 (mm) 41.6mm(W)x 96mm(D)x 11.3mm(H)(突起部含まず)
電源 DC 5〜48V
出荷時OS Debian GNU/Linux

※1 NTTドコモ FOMA網に対応予定。他通信事業者向けも検討中。

開発環境は、Debian GNU/Linuxを標準でサポートし、従来のOpenBlocksシリーズと同様に、実機ベースでの手早い開発環境をBXでも提供していきたいと考えています。

提供時期ですが、開発者向けに、本体と各種IOを外だし出来るボードをセットにしたDPパッケージを先に提供し(時期は未定)、製品としては2月を予定しています。

展示会の情報などは、以下のページでご案内しています。

特設サイトURL:
http://openblocks.plathome.co.jp/products/special/bx1_sp/

Facebook:

https://www.facebook.com/OpenBlocksIoT



現在、DPパッケージのリリースに前後して、いち早く製品をご覧いただけるよう、ハンズオンdayやハッカソン、アイディアソンなどを企画しておりますので、日程が決まり次第またお知らせします。