2014年4月25日金曜日

[.tested] Tomcat7の導入について [debian Wheezy][AX3][A7][A6]

Apache Tomcatの導入方法について、若干のTipsも交えてご紹介します。



<検証環境>
Debian 7.1 Wheezy
OpenBlocks AX3/4 kernel: 3.2.40
OpenBlocks A7 Ketnel 3.2.40
OpenBlocks A6 kernel: 3.2.40

<使用機器>
OpenBlocks AX3 DPパッケージ (もしくは、SSD搭載モデル)
OpenBlocks A7 DPパッケージ (もしくは、SSD搭載モデル)
OpenBlocks A6 DPパッケージ (DPパッケージのみjavaライセンス付きでの出荷をしています)

1.Tomcat 7 のインストール


Apache Tomcat 7は、Debian Wheezyのパッケージとしても用意されていますが、合わせてOpenJDK6を導入してしまいます。
OpenBlocksシリーズは、Oracle Javaを標準搭載していますので(A6はDPモデルのみ)、Tomcatのパッケージのみを公式のサイトよりダウンロードしてインストールすることをおすすめします。

Apache Tomcat

# wget http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/network/apache/tomcat/tomcat-7/v7.0.53/bin/apache-tomcat-7.0.53.tar.gz

/usr/localの下に展開します。

# tar zxpvf apache-tomcat-7.0.53.tar.gz -C /usr/local

setenv.shを作成します。

# vi /usr/local/apache-tomcat-7.0.53/bin/setenv.sh

下記の内容を記述してください。

#!/bin/bash
JRE_HOME=/usr/lib/jre
JAVA_OPTS="$JAVA_OPTS -Djava.security.egd=file:/dev/./urandom"

JAVA_OPTSの設定は、linuxの/dev/randumの仕様によるもので、特にOpenBlocks A7の場合において、再起動時の環境ノイズの再収集時間に起因する起動遅延を解消するものです。
randomを使用する場合は、上記の記述を削除してください。(A7の場合30分程度、AX3の場合はばらつきがあり、20秒程度で立ち上がる場合もあれば、6分かかる場合もありました)

2. 動作確認および開発環境の構築について


手動での立ち上げは以下の様に行ってください。


# /usr/local/apache-tomcat-7.0.53/bin/startup.sh

ブラウザで動作確認をする場合は、以下のURLとなります。

http://URLまたはIPアドレス:8080


0 件のコメント:

コメントを投稿