2013年11月29日金曜日

[.testted] GLPI + OCS Inventory NGによるIT資産管理 [Debian Wheezy][AX3][A7]

GLPIは、リソース管理、サービスデスク、ソフトウェアのライセンス管理、監査などの機能をもつ、オープンソースの資産管理システムです。

GLPI - Gestionnaire libre de parc informatique:

http://www.glpi-project.org/spip.php?lang=en

GLPIは、主に情報部門などで必要とされる機能の多くが実装されており、また日本語にも対応しています。
ただし、GLPIには、OSC Inventory-NGが提供するような、管理対象のPC等からリモートで情報を取り出す手段がないため、GLPIにOSC Inventory NGのデータベースと連携する機能が実装されています。

今回は、GLPIを管理台帳のシステム、OCS Inventory NGをエージェントからのデータ収集システムとして、OpenBlocks AX3/A7で利用する方法についてご紹介します。


OBDN技術ブログによる動作検証は、該当するソフトウェアの動作を保証およびサポートを行うものではありません。
内容に関するご指摘などありましたら、ブログ記事の担当までご連絡下さい。

<検証環境>
OpenBlocks AX3/4 Debian 7.1 kernel: 3.2.40
OpenBlocks AX7 Debian 7.1 kernel: 3.2.40

1.OCS Inventory-NGのインストール


OCS Inventory-NGのインストールに関しては、前回の記事を参照してください。

[.testted] OCS Inventory NG [Debian Wheezy][AX3]


2.GLPIのインストール


データベースの作成について

 OCS Inventory-NGにてインストールしたMySQLを使用します。
 GLPIインストール時に、(MySQLの管理者パスワードを入力する必要があります)

GLPIのインストール

 debian wheezyパッケージより、glpiをインストールします。
 提供されるバージョンは、GLPI 0.83.31です。

  # aptitude install glpi

 インストール中に、MySQLデータベースの管理者パスワード、および、GLPIが使用するデータベースのパスワードの入力を求められますので、前回のmysql-serverインストール時に設定した管理者パスワードおよび、GLPIで使用するDBのパスワードを入力してください。

web GUIによる初期設定
 
 Webブラウザより、以下のURLにアクセスします。
 http://サーバのIPアドレス/glpi/

 http://サーバのIPアドレス/ocsreports/

 管理用のユーザ名および、初期パスワードは、user: glpi Password: glpi です。


初期画面が表示されます。


 右上のsettingボタンを押し、languageを日本語に変更します。


メニューが日本語となります。


3.OCS Inventory-NG との連携方法


OSC Inventory-NGとの連携は、OSCNGメニューより行いますが、事前に、OSCNG modeを有効にする必要があります。

 セットアップ-一般設定-一覧タブより、OSCNG modeを有効にしてください。



 有効にすることにより、セットアップメニューより、OSCNG modeが選択できます。


データベースのサーバ名を選択し、OSC Inventory-NGで使用するデータベースのパスワードを入力します。
また、OSCNG database in UTF8も「はい」にします。


インポートのオプションを設定します。
OSCNGソフトウェアリストの使用は「いいえ」にして下さい。
「はい」の場合、初期状態では登録されたリストとのマッチングの関係だと思いますが、ソフトウェアリストが取得されません。


ツール-OSCNGメニューより、「新しいコンピュータをインポート」を選択します。
 

OSC Inventory-NGで管理されているコンピュータのリストが表示されますので、全てインポートする場合は、そのままインポートを押します。


インポートが成功すると、一覧 - コンピュータ メニューにて機器一覧が表示されます。


閲覧したい機器の名前をクリックすることにより、情報が表示されます。
また、この情報は、csv形式で出力することも出来ます。




出力されるcsvファイルは、一旦保存し、excelなどで取り込む際には、文字コードとしてUTF-8を、セパレータとして「;」(セミコロン)を指定します。

5.さいごに


今回は、OpenBlocks AX3のdebian wheezyにより提供される、glpiパッケージと、ocsinventory-serverパッケージを使用し、エージェントプログラムより入手した情報をGLPIパッケージで使用する方法を紹介しました。
日本語の扱いについても、特にパッチなどを適用する必要もなく、比較的簡単に導入できると思います。

2013年11月28日木曜日

[.testted] OCS Inventory NG [Debian Wheezy][AX3][A7]

OSC Inventory NGは、オープンソースのIT資産管理システムです。
公式サイトは、以下になります。

OCS Inventory NG | Home:

http://www.ocsinventory-ng.org/en/

debian wheezyのパッケージで提供されるOSC Inventory NG 2.0.5からはUTF-8対応しており、agentから送られてくる日本語の情報もローカルパッチなしに取得出来ます。
今回は、OCS Inventory NGをOpenBlocks AX3/A7で利用する方法についてご紹介します。


OBDN技術ブログによる動作検証は、該当するソフトウェアの動作を保証およびサポートを行うものではありません。
内容に関するご指摘などありましたら、ブログ記事の担当までご連絡下さい。

<検証環境>
OpenBlocks AX3/4 Debian 7.1 kernel: 3.2.40
OpenBlocks A7 Debian 7.1 kernel: 3.2.40

1.mysqlの導入


パッケージのインストール

# aptitude install mysql-server

 インストール時にMySQLを管理するrootユーザのパスワードを聞かれるため、
 予め決めておく必要があります。

動作確認

# mysql -u root -p

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql |
+--------------------+
2 rows in set (0.00 sec)

mysql>


2.OCS Inventory-NG serverのインストール


データベースの作成

 あらかじめocs inventory serverで使用するデータベースを作成、設定します。
 rootユーザのパスワードは、aptitudeコマンドによりインストール時に設定しています。

 MySQL monitorを起動し、joruriユーザを作成します。

# mysql -u root -p
Enter password: ←インストール時に設定した(mysqlの)rootユーザパスワードを入力
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 39
Server version: 5.1.49-3 (Debian)

Copyright (c) 2000, 2010, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
This software comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY. This is free software,
and you are welcome to modify and redistribute it under the GPL v2 license

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql>

 DBを作成します。

mysql> create database ocsweb;

 確認は以下のコマンドにより行います。

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| ocsweb             |
| performance_schema |
| test               |
+--------------------+
5 rows in set (0.00 sec)
mysql>

 ユーザを作成します。

mysql> grant all privileges on ocsweb.* to ocs@localhost identified by 'password';

 ※パスワードは適切な値を設定してください。
ocs inventory

 character setを設定します。

mysql> alter database `ocsweb` default character set utf8 collate utf8_general_ci;

OCS Inventory-NG serverのインストール

 debian wheezyパッケージより、ocsinventory-serverをインストールします。
 関連パッケージとして、apache2、perl5、php5等が合わせてインストールされます。

  # aptitude install ocsinventory-server ocsinventory-reports

web GUIによる初期設定
 
 Webブラウザより、以下のURLにアクセスします。
 http://サーバのIPアドレス/ocsreports/

  ここで、データベースのユーザ(ocs)、パスワード(設定したもの)、データベースサーバー名を入力します。


 データベースの設定が成功すると、以下の画面となります。


 改めて、以下のURLでアクセスします。
 http://サーバのIPアドレス/ocsreports/

 管理用のユーザ名および、初期パスワードは、user: Admin Password: admin です。


 以下のエラーが出ますが、これはセキュリティ警告で、

 ・install.phpが残っている
 ・Adminのパスワードがデフォルトのまま

 ですので、まずは/usr/share/ocsinventory-reportsの下のinstall.phpを消してください。


 Adminアカウントの変更は、以下のタグより行います。

  
 2つの修正が終わると、ログイン時のエラーメッセージが消えます。


3.OCS Inventory-NG Agentのインストール


 ・OCS Inventory-NG Serverの一部修正

 データベースocswebのユーザocsのパスワードをデフォルト以外にしておかないと、管理画面にてセキュリティエラーが表示されるため、今回の手順ではあらかじめ別のパスワードを設定していますが、Agentよりデータを受け取ろうとすると、受け取り側のモジュールでエラーが出ます。
 これは、一部の設定ファイルがデフォルトのまま記述されているのが原因のため、修正が必要となります。
 /etc/ocsinventory/ocsinventory.conf内の、
 PerlSetVar OCS_DB_PWD
 で設定された、パスワードをデフォルトのocsから設定したパスワードへ変更してください。

root@glpi3:/etc/ocsinventory# vi ocsinventory.conf

  :
  # Master Database settings
  # Replace DATABASE_SERVER by hostname or ip of MySQL server for WRITE
  PerlSetEnv OCS_DB_HOST localhost
  # Replace DATABASE_PORT by port where running MySQL server, generally 3306
  PerlSetEnv OCS_DB_PORT 3306
  # Name of database
  PerlSetEnv OCS_DB_NAME ocsweb
  PerlSetEnv OCS_DB_LOCAL ocsweb
  # User allowed to connect to database
  PerlSetEnv OCS_DB_USER ocs
  # Password for user
  PerlSetVar OCS_DB_PWD password
  :

 ・OCS Inventory-NG Agent for Windowsのインストール

 公式サイトより、OCS Inventory-NG Agent for windowsをインストールします。
 ただし、今回使用した、debian wheezyのパッケージは、2.0.5となりますので、対応したバージョンをインストールする必要があります。


ダウンロードしたzipファイルを解凍し、インストールを行ってください。

4.OCS Inventory-NGの操作画面例


 AgentをインストールしたPCより、一定時間毎に情報が送られてくると、操作画面には以下の様に情報が表示されます。


対象のPCをクリックすると、詳細の情報が表示されます。


操作画面メニューの日本語対応はしていませんが、入手したデータは表示されています。


5.さいごに


今回は、オープンソースの資産管理システムである、OCS Inventory-NGについて、debian wheezyのパッケージでのインストールおよび、agentっとの連携までを試しました。
agentの最新バージョンを使用する場合は、パッケージではなく、最新バージョンのサーバープログラムが必要となります。
IT資産管理システム、GLPIとの連携については、次回にまとめました。

[.testted] GLPI + OCS Inventory NGによるIT資産管理 [Debian Wheezy][AX3]

2013年11月25日月曜日

OpenBlocks 600/600D用 Debian7ベース ファームウェア β版の公開

こんにちは。OpenBlocksファミリの開発・技術担当の木村です。
長らくお待たせしてしまいましたが、OpenBlocks 600 及び 600D に適用可能な、Debian7ベースのファームウェアを公開いたします。なお本ファームウェアについては、次の制限があることがわかっており、β版としての扱いとなります。

  • IPv6を使うには、インタフェースをallmultiにしなければならない (従来からの制限)
  • apache2パッケージで導入したhttpdが起動しない (ソースからのコンパイルであれば起動可。他にも同様の事例が予想される。)
  • 処理内容によって、10~30%程度のパフォーマンスダウンが見込まれる(ベンチマークに基づく)

適用方法

 

OpenBlocks 600(SSD/Linux搭載) への適用

http://openblocks.plathome.co.jp/support/guide/600d/for_obs600_user.html
※ ファームウェアファイル名は適宜読み替えてください

OpenBlocks 600D(Debian搭載) への適用

http://openblocks.plathome.co.jp/support/guide/600d/verup_to_6.html
※ Debian5からDebian6への更新方法ですが、ファームウェアのファイル名以外は同様の操作です。適宜読み替えてください

ダウンロード

http://openblocks.plathome.co.jp/support/software/600d/