2013年7月16日火曜日

[.tested] Net Commons [AX3][A6]

NetCommonsはCMS(Contents Management System)とLMS(Learning Management System)とグループウェアを統合したコミュニティウェアです。
学校や大学等教育機関をターゲットとして開発されてきましたが、多種多様なWebサイトを短時間で構築できることが認識され、それ以外のウェブサイトの構築でも利用が広がっています。


Net Commonsは以下の環境が推奨環境であり、Debian 6.0によりパッケージ提供されるapache、mysql、php環境での動作の確認を行いました。

Webサーバ :           Apache 1.3 もしくは 2 以降
PHP :                    PHP5.1.6 以降
データベース:          MySQL 5.0 以降
OS :                       Linux, Windows Server
推奨の組み合わせ: Linux, PHP 5.1.6, MySQL 5.0.22, Apache 2.2.3

OBDN技術ブログによる動作検証は、該当するソフトウェアの動作の保証およびサポートを行うものではありません。
内容に関するご指摘などありましたら、ブログ記事の担当までご連絡下さい。

<検証環境>
OpenBlocks AX3/4 Debian 6.0 kernel: 3.0.6
OpenBlocks A6 Debian 6.0 kernel: 2.6.31

2. 導入方法


A6の場合、swapを別途設定することをおすすめします。設定方法に関しては、

OpenBlocks A6 FAQ: SWAPを設定するには、どのようにすれば良いですか

を参照してください。

NetCommons 最新版の入手

NetCommonsの公式サイトより、最新版、2.4.1.0 Linux版を入手します。

ダウンロード - NetCommons2公式サイト:

apache2パッケージのインストール

# aptitude install apache2

php5パッケージのインストール

# aptitude install php5 php5-gd php-pear php5-mysql php5-curl php5-intl php5-xmlrpc

mysqlのインストール

Moodleパッケージををインストールする前に、mysqlをインストールし、データベースを作成します。

# aptitude install mysql-server

インストール時に、管理者(root)のパスワードを入力してください。

データベースの作成

# mysql -u root -p

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql |
+--------------------+
2 rows in set (0.00 sec)

mysql> CREATE DATABASE netcommons CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci;
mysql>grant all on netcommons.* to netcommons@localhost identified by 'nc';
mysql> quit

データベース名: netcommons
データベースユーザ名: netcommons パスワード: nc
で設定しています。(環境に合わせて変更してください)

 netcommonsプログラムパッケージの展開

# tar xvzf NetCommons-2.4.1.0.tar.gz
# cp -R NetCommons-2.4.1.0/html /var/www
# mv /var/www/html /var/www/nc
# chown -R www-data /var/www/nc

WebインストーラによるNetCommonsのインストール/設定

Webブラウザより、

http://ホスト名orIPアドレス/nc

にアクセスし、インストールを開始します。

言語に日本語を指定します。


確認後、次へ、を押します。


サイト名称、データベース名、データベースユーザおよびパスワードを入力します。


確認をして、次へ、を押します。







管理者のハンドル、ログインID、パスワードを入力します。


確認して、次へ、を押します。



インストールを完了します。


 サイトのURLを入力し、動作を確認します。


今回は、http:/ホスト名/ncとしましたが、virtualホストなどを使用する場合は、apacheの設定などを変更して下さい。

3.さいごに


Debian 7.1 (wheezy)ベースファームウェアを使用する場合、導入されるphp5のバージョンが5.4になっており、net commonsでは5.4以降のバージョンの場合、不具合が確認されています。
インストール自体は、一部修正で回避することが出来ましたが、他にも細かい修正が必要なため、wheezyで使用する場合は、php5.3以前のバージョンを導入する方が現実的ですが、より現実的な解としては、Debian 6.0ベースのファームウェアを利用することをお勧めします。

(*)2014/05/15 追記
NetCommons 2.4.2.0において、PHP 5.4への暫定対応がされています。
AX3にて導入を行ってみましたが、 インストールなどでは特に問題はありませんでした。
ただし、公式ページにも書かれている通り、一通りの動作確認はした状態であり、基本的には、2.4系まではPHP5.3、先のリリースとなる2.5系ではPHP5.4への対応となっていますので、2.4系では暫定対応のみとなるようです。

--
2013/09/09

- メニューでプルダウンテンプレートを追加
- メニューでパンくずリストテンプレートを追加
- ルーム管理で参加会員エクスポート、インポート機能を追加
- 施設予約で時間枠機能を追加
- アンケートでキーフレーズ機能を追加
- アンケートで回答非表示機能を追加
- Todoにブロックコピー機能を追加
- PHP5.4暫定対応
- GitHub無視ファイルの定義を追加
- Thumbs.dbファイルを削除
- ソースコードのインデントを一部修正
- 会員登録で択一選択の必須入力エラーメッセージが正しく表示されるように修正
- カレンダーでセンターカラム以外に配置した時のデフォルトルームを表示しているルームになるように修正
- フォトアルバムがIE10で動作しない不具合を修正
--

なお、net commonsは、A6においても、規模によっては実用になる速度で動作します。
moodleと同じく、、実際に使用されている方が居られましたら、稼動の規模や使用感などをお聞かせ下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿