2012年10月5日金曜日

[.tested] MOXA UPort 1450 [AX3][A6]



MOXA UPort 1450は、4ポートのRS-232およびRS-232/422/485に対応した、USB-マルチポートシリアル・コンバータです。
OpenBlocks AX3およびA6での接続検証を行いました。


OBDN技術ブログによる動作検証は、該当するデバイスの動作を保証およびサポートを行うものではありません。
内容に関するご指摘などありましたら、ブログ記事の担当までご連絡下さい。

<検証環境>
OpenBlocks AX3/4 Debian 6.0 kernel: 3.0.6
OpenBlocks A6 Debian 6.0 kernel: 2.6.31.8

1. 対応ドライバと事前準備
MOXA UPort1450のドライバは、カーネルには標準では組み込まれておらず、MOXAのサイトからドライバパッケージを入手する必要があります。

Moxa USB to Serial - UPort 1450/1450I 4-port RS-232/422/485 USB-to-serial converters with 2 KV isolation protection (optional)

Drivers & Software のページで、Driversを選択し、Operating Systemを指定してドライバパッケージをダウンロードします。
AX3は、Linux 3.x (x86)を、A6は、Linux 2.6.x (x86)を選択してください。(おそらく同じものです)

入手した、driv_linux_uport_v1.2_build_12071314.tgzを展開し、makeし、インストールします。

# tar xvzf driv_linux_uport_v1.2_build_12071314.tgz
# cd mxuport
# make install

UPort 1450をUSBポートに差し込むことによりデバイスが認識されます。

dmesgでは、以下のメッセージが表示されます。

usb 1-1: new high speed USB device using ehci_marvell and address 5
usb 1-1: configuration #1 chosen from 1 choice
mxuport 1-1:1.0: MOXA UPort 1400 series converter detected
usb 1-1: MOXA UPort 1450 detected
cpufreq: Setting CPU Frequency to 600000 KHz
cpufreq: Setting PowerSaveState to off
usb 1-1: Device firmware version v1.4.1
usb 1-1: MOXA UPort 1400 series converter now attached to ttyMXUSB0
usb 1-1: MOXA UPort 1400 series converter now attached to ttyMXUSB1
usb 1-1: MOXA UPort 1400 series converter now attached to ttyMXUSB2
usb 1-1: MOXA UPort 1400 series converter now attached to ttyMXUSB3

デバイス名は、

/dev/ttyMXUSB0
/dev/ttyMXUSB1
/dev/ttyMXUSB2
/dev/ttyMXUSB3

となります。

2. 使用方法
USB-マルチポートシリアル・コンバータは、AX3またはA6本体のUSBポートに差し込む事により使用可能となります。
起動前/後に係らず、設定は必要ありません。

デバイスが使用可能となった後は、一般的なシリアルポートの使用方法と同じです。
例えば、minicomによるターミナル操作を行いたい場合は、以下の操作になります。

# minicom -D /dev/ttyMXUSB0

minicomが無い場合は、minicomパッケージを導入してください。

# aptitude install minicom

0 件のコメント:

コメントを投稿