2012年6月28日木曜日

【.tested】APC ES 550 UPS BE550G [AX3][A6]



APC ES 550/BE550Gは、常時商用方式のUPSであり、USBポートを介したUPS管理が提供されます。
OpenBlocks AX3およびA6モデルでの接続検証を行いました。



OBDN技術ブログによる動作検証は、該当するデバイスの動作を保証およびサポートを行うものではありません。
内容に関するご指摘などありましたら、ブログ記事の担当までご連絡下さい。

<検証環境>
OpenBlocks AX3/4 Debian 6.0 kernel: 3.0.6
OpenBlocks A6 Debian 6.0 kernel: 2.6.31.8

1. 対応ドライバと事前準備
ホストとのUSB通信は、HIDドライバを使用します。
AX3モデルおよびA6モデルにおいては、カーネル構築時にCONFIG_USB_HIDが有効である必要があります。検証したカーネルでは有効となっています。

AX3モデルの場合、dmesgでは、以下のメッセージが表示されます。

usb 1-1: new low speed USB device number 2 using ehci_marvell
usb 1-1: New USB device found, idVendor=051d, idProduct=0002
usb 1-1: New USB device strings: Mfr=3, Product=1, SerialNumber=2
usb 1-1: Product: APC ES 550G FW:858.K1 .A USB FW:K1
usb 1-1: Manufacturer: APC
usb 1-1: SerialNumber: 3B1002X66446


generic-usb 0003:051D:0002.0001: hiddev0,hidraw0: USB HID v1.10 Device [APC APC
ES 550G FW:858.K1 .A USB FW:K1 ] on usb-ehci_marvell.0-1/input0
usbcore: registered new interface driver usbhid
usbhid: USB HID core driver

デバイス名は、AX3/A6両モデルとも
/dev/usb/hiddev0
となります、

2. apcupsdパッケージの導入と設定
apcupsdパッケージをインストールします。

# aptitude install apcupsd

apcupsd.confを編集します。USBケーブルによるUPSの制御に関しては、以下の通り、3行を書き換えます。

UPSCABLE usb
UPSTYPE usb
DEVICE /dev/usb/hiddev0

 ・バッテリ稼動可能時間を設定してシャットダウンを行う場合
MINUTES m    m=分
 ・バッテリ駆動に切り替わった後、指定した時間でシャットダウンを行う場合
TIMEOUT s     s=秒   0の場合は指定時間経過でのシャットダウンを行わない

/etc/default/apcupsdを以下の様に編集することにより、起動時にapcupsdが立ち上がります。

ISCONFIGURED=yes

3. ステータスの取得およびテスト方法

(1) apcaccess
apcaccessによりステータスの取得を行います。

# apcaccess
APC      : 001,036,0944
DATE     : 2012-06-28 18:20:42 +0900
HOSTNAME : obsax3
VERSION  : 3.14.8 (16 January 2010) debian
UPSNAME  : obsax3
CABLE    : USB Cable
MODEL    : APC ES 550G
UPSMODE  : Stand Alone
STARTTIME: 2012-06-28 17:44:33 +0900
STATUS   : ONLINE
LINEV    : 104.0 Volts
LOADPCT  :   0.0 Percent Load Capacity
BCHARGE  : 100.0 Percent
TIMELEFT :  70.0 Minutes
MBATTCHG : 5 Percent
MINTIMEL : 3 Minutes
MAXTIME  : 0 Seconds
SENSE    : Medium

(中略)

MANDATE  : 2010-01-10
SERIALNO : 3B1002X66446
BATTDATE : 2010-01-10
NOMINV   : 100 Volts
NOMBATTV :  12.0 Volts
FIRMWARE : 858.K1 .A USB FW:K1
APCMODEL : APC ES 550G
END APC  : 2012-06-28 18:34:28 +0900

(2) apctest
apctestにより、直接UPSのテストや設定等を行います。
apcupsdとの共有違反をさけるために、apcupsdをstopしておく必要があります。

# /etc/init.d/apcupsd stop

# apctest

2012-06-28 18:38:15 apctest 3.14.8 (16 January 2010) debian
Checking configuration ...
Attached to driver: usb
sharenet.type = DISABLE
cable.type = USB_CABLE

You are using a USB cable type, so I'm entering USB test mode
mode.type = USB_UPS
Setting up the port ...
Hello, this is the apcupsd Cable Test program.
This part of apctest is for testing USB UPSes.

Getting UPS capabilities...SUCCESS

Please select the function you want to perform.

1)  Test kill UPS power
2)  Perform self-test
3)  Read last self-test result
4)  View/Change battery date
5)  View manufacturing date
6)  View/Change alarm behavior
7)  View/Change sensitivity
8)  View/Change low transfer voltage
9)  View/Change high transfer voltage
10) Perform battery calibration
11) Test alarm
12) View/Change self-test interval
 Q) Quit

Select function number:

4. apcupsdの起動/再起動
上記2項の設定により、apcupsdは起動時に立ち上がります。また、apctestなどで一旦apcupsdをstopさせ、再立ち上げする場合は、

# /etc/init.d/apcupsd start


/etc/default/apcupsdを編集し、再起動する場合は、

 # /etc/init.d/apcupsd restart


としてください。
以上の手順により、apcupsdによるUPSからの自動シャットダウンが可能になります。

対応するUPSですが、今回検証したモデルはAPC ESシリーズであり、以下のモデルが対象となります。
APC ES550
APC ES750

また、上記の環境を使用し、APC RSシリーズの検証も行い、シャットダウン動作を確認しました。
以下のモデルが対象となります。
APC RS400
APC RS550

以下のモデルは、停電時の電源バックアップは可能ですが、ホストコンピュータとの通信機能を備えていないため、自動シャットダウンなどの操作は行えません。
SurgeArrest BE325




[PR]

0 件のコメント:

コメントを投稿